定番の衣装も選び方が大事|後悔をしない結婚式場の選び方をたっぷり披露

後悔をしない結婚式場の選び方をたっぷり披露

男女

定番の衣装も選び方が大事

男女

見た目と動きやすさで検討

和婚に於く新婦の衣装は白無垢以外にも色打ち掛けと引き振袖があり、好きな衣装を選ぶことができます。ただ、見た感じや動きやすさに違いがあるので、自分に合った衣装選びが大切になります。色打ち掛けは白無垢より豪華な印象がある衣装で、生地に刺繍が施されています。もともと色打ち掛けというのは武家の女性が着ていた衣装なので、身に付ける小物の中に懐剣があります。これは護身用に持たれていた短剣で、刀や侍などが好きな女性には喜ばれる衣装だと思います。引き振袖は裾部分を通常の着物より引いてあるので、花嫁衣装の中で最も動きやすい衣装です。色は黒が主流ですが、帯の結び方などで豪華なポイントを作ることもできます。和婚時の衣装選びは、自分に合ったものがおすすめです。清楚で清らかな白無垢は結婚にふさわしいため、伝統を重んじる厳粛さや純潔さを示したい新婦さんに向きます。色打ち掛けは華やかな衣装にしたい新婦さんに向き、引き振袖は身のこなし重視の新婦さんに向く衣装です。

衣装の注意点と改善策

色打ち掛けは豪華で華やかな印象が魅力的な衣装ですが、引き振袖と違って動きにくいことがネックです。また、重たいので長時間の着用は難しい場合もあります。小物を減らしたり髪型をシンプルにすることで、重さを軽減させることはできます。引き振袖は動きやすいので長時間着用でも問題が生じにくいのですが、参列者と大差ない衣装なので花嫁感が薄れるように感じるといった意見もあります。引き振袖を選ぶ新婦さんは、帯に工夫して参列者との違いを出すと良いです。また、和婚の準備は衣装選びだけではなく会場選びも重要となります。和婚を行なえる会場も時期によっては限られてしまうため、早めの予約が必要となります。自分たちの希望に合った場所で結婚式を行なうためにも、きちんと業者の方と話し合って決めるようにしましょう。また、最近ではネットなどからでも会場を探すことができるため、上手く活用させるとよいでしょう。